スポがくひろば ぱれっと 尼崎中央教室 では、なぜ運動をするの!?②

先日のブログで、運動することで、脳細胞が増えて集中力が高まったり、学習能力や記憶力が向上したりするという研究報告が多数なされているため、スポがくひろば ぱれっと 尼崎中央教室 では運動を取り入れた支援サポートをしていることをお伝えしました。

今日は、①運動することで具体的にどのようなことが脳で起きるのか、②その結果、運動することでどのような変化がおこるのかを補足します。

最近の研究によると、運動することで細胞と細胞がつながり、新しい神経回路ができるかとがわかってきたといわれています。このことにより、体の機能や心の発達などの脳の成長が図られるといわれています。

つまり、運動することで新しくできた回路が、今までの機能を補ってくれることで、苦手だったことも今までとは異なった方法でできるようになったり、脳の特性を補完してくれたりするといわれているのです。

たとえば、運動することで多動、衝動性、友だちに対するふるまいなどの行動に改善が見られる、といった研究結果が報告されています。

このように、運動することで、脳の特性に対する行動に改善がみられるという研究報告が多数なされているため、尼崎市で放課後等デイサービスをおこなっている『スポがくひろば ぱれっと 尼崎中央教室』では運動を取り入れた支援サポートをしています。

尼崎市、伊丹市で放課後等デイサービスをお探しの方は、ぜひ『すぽがくひろば ぱれっと 尼崎中央教室』にお問い合わせください。