こんにちは!

尼崎市武庫之荘東で放課後等デイサービス(児童デイサービス)『スポがくひろば ぱれっと 武庫之荘教室』(06-7710-1276)を運営している スポがくひろば ぱれっと 武庫之荘教室 スタッフの山森です(*’’*)

 

スポがくひろば ぱれっと は、尼崎市・伊丹市住在で「支援学級」や「特別支援学校」等に通学中の小学生・中学生・高校生の方を対象にしています。

精神保健福祉士・社会福祉士・介護福祉士・作業療法士・理学療法士・障害福祉サービス経験者等が、地域に根ざした社会性を身につけられるよう支援しており、運動(うんどう)・わーく(学習(がくしゅう)サポート、宿題(しゅくだい)支援、作業療法)・体験学習(がくしゅう)等を行なっています。

そして、成功体験を積み重ねながら生きる力を育めるよう、日々のサポートを行なっています。

 

SSTとは、人が社会で他の人と関わりながら生きていくために必要なスキルを身に付ける訓練のことです。

スポがくひろば ぱれっと では特に暗黙のルール、TPO、相手の気持ちの理解、自分の気持ちを上手に伝える、などに力を入れています。

 

今回はペープサートを行ないました!

 

 

まず登場したのはこうたくん(左)とマイケルくん(右)です。

 

 

今週の日曜日にお友だちと遊ぶ約束をしているこうたくんとマイケルくんが話をしています。

 

 

マ:なぁ、こうた!今週の日曜かえる公園で遊ぼーぜ!

こ:えっっっ!あっ、マイケル…。うーん…いいけど…。

マ:なんだよこうた~、なんかノリ悪いなあ~…行くのか行かないのかどっちだよ!?

こ:えっ…うん、行きたいんだけど~…その~あの~…

マ:はぁ~、…もういいよ!お前となんか遊ばない~!

 

 

マイケルくんは怒って帰ってしまいました。

 

 

①マイケルくんはなぜ怒った?

②こうたくんはどうすれば良かった?

③マイケルくんはどうすれば良かった?

 

みんなどう思いましたか?

 

 

「マイケルはこうたがハッキリ答えないから怒ったよね!」

「マイケルが誘ってくれて遊びたかったけど、こうたは用事があるから無理じゃん!だからこうたは断らないと!」

「マイケルの言い方もきつかったんじゃない?」

「こうたが悪いー」

 

 

そうだね、マイケルくんはこうたが他のお子だちと遊ぶ約束をしていると知らないから、誘ってもあいまいな返事しかしないこうたくんに対して怒ったんだね。

こうたはマイケルくんが怒っているのに気付いて、断ったらもっと怒ると思って、答えられなくなっていたのかもしれないね。

マイケルくんはこうたくんが答えに悩んでいて、何か困っているな、というのが分かれば「何かあったの?」と聞いてあげたら、こうたくんも答えやすかったんじゃないかな?

 

 

「なるほどね~!」

「そっかあ…こうた答えにくかったかもだね!」

「こうたごめん!」

 

 

次はゆうきくん(左)とマイケルくん(右)です。

 

 

ゆうきくんも日曜日は他のお友だちと遊ぶ約束をしています。

 

 

マ:なぁーゆうき!日曜日かえる公園で遊ぼうぜ!

ゆ:え?無理無理無理無理!マイケルとなんて遊ばないよ?ぼく忙しいから。はぁ…なんでそんなことも分からないの?」

マ:は?なんだよその言い方!腹立つなあ!!!(突き飛ばす)

ゆ:なにすんだよ!!!!!!(殴りかかる)

 

 

喧嘩になってしまいました。

 

 

①何故喧嘩になったのかな?

②マイケルくんはどうすれば良かったのかな?

③ゆうきくんはどうすれば良かったのかな?

 

 

「ゆうきの言い方なんか嫌だなあ…」

「わかる!ぼくもやだ!」

「でもマイケルも突き飛ばしたよね」

「マイケルもダメだねえ…」

「両方悪いよ!」

「マイケルはーそんなに悪くないと思うなあ…別に」

 

 

みんな正解だよ。

ゆうきくんはマイケルくんに対してなんでそんなことも分からないの?と言っているけど、マイケルくんにはゆうきくんに予定があることは、ゆうきくんが言わないと分からないよね。なのに、ゆうきくんはマイケルくんに知らないのが悪い、というような言い方をしたね。

それに腹を立てたマイケルくんは手が出てしまったね。マイケルくんは突き飛ばす前に、ゆうきくんにゆうきくんの言い方が嫌だったことを口で伝えられたらよかったのかもしれないね。

ゆうきくんは自分が知っていることはマイケルくんも知っていると思っていたみたいだけど、相手には話さないと伝わらないね。それに、自分の言い方にマイケルくんが嫌な思いをしたことに気付かなかったんだね。ゆうきくんは予定があることをマイケルくんに伝えて、分かってもらったらよかったね。言い方もマイケルくんが嫌だったと言ってくれたら、どうやったら嫌な伝え方にならないか、考えるきっかけになったかもしれないね。

 

 

最後はりくとくん(左)とマイケルくん(右)です。

 

 

マ:なあ、りくと!今週の日曜日かえる公園行こうぜ!

り:あっ、マイケル!誘ってくれてありがとう。でも日曜日は別の友達と遊ぶ約束をしてるんだ。

来週の日曜日なら遊べるよ!

マ:あーそうなんだ!じゃあ来週遊ぼうぜ~!

り:わかった!予定に入れておくね!

マ:おう!よろしくな!

 

 

みんなどう思ったかな?

 

 

「なんかいい感じ!」

「りくとはその日は遊べなかったけど、誘ってくれてありがとうって優しく返事してた!」

「マイケルも怒らなかったね」

「りくともマイケルも優しくてよかった!」

 

 

そうだね。

りくとくんは元々の約束があることを伝えて、マイケルくんとの約束も上手にすることができたね。

元々約束があるからその日はダメなんだ、と相手に伝えることは大切なことだね。マイケルくんもりくとくんに予定があるんだったら遊べないと分かって納得することができた。りくとくんは別の日は?と提案をすることで、マイケルくんも答えやすかったね。

 

 

自分の意見を伝えることはとても大切なことだね。

だた、伝え方によっては相手を怒らせてしまったり、困らせてしまったりすることがあります。

そういう時には『なんでわかってくれないの』や『わかってくれない相手が悪い』と思うかもしれません。でも、相手には『傷ついた』『嫌なことを言われた』と感じていることもあります。

話しをしていて、相手の表情が怒った顔や、困った顔になったら、「何か嫌だった?」と相手の話を聞いて、解決できるようになって欲しいです。

みんな分かったかな?

 

 

「はーい!」

「りくとみたいにがんばる」

「難しそうだけど、相手のお話聞くのはできそう!」

 

 

SSTではお子さまたちの意見を聞きながら、話しを進めます。コミュニケーションに明確な正解はありませんが、学校生活や、これから成長していく中で子ども達がたくさん笑って楽しく周りと関わりを持てるよう、これからも支援を行なっていきたいと思っています。

 

スポがくひろば ぱれっと 尼崎武庫之荘教室 からでした。

 

 

スポがくひろば ぱれっと 尼崎武庫之荘教室 では、料理教室(クッキング)、科学実験、エアトランポリン、縄跳びなどの運動やSST(ソーシャル・スキル・トレーニング)などを行なったり、博物館や公園などの外出などを行ないながら、お友だちと関わりながら社会のルールや生活スキル、ソーシャルスキルを学べるようサポートしています!!!また、成功体験を積み、できることや好きなことを伸ばし、苦手なことや嫌いなことにもチャレンジしようという気持ちを育んでいけるよう日々取り組んでいます!!!

 

尼崎市、伊丹市で放課後等デイサービス(児童デイサービス)をお探しの方は、ぜひ、尼崎市武庫之荘東にある放課後等デイサービス(児童デイサービス)『スポがくひろば ぱれっと 尼崎武庫之荘教室』で、無料相談会・無料体験会を実施しております。ご相談、体験予約等のご連絡等は尼崎武庫之荘教室(06-7710-1276)またはお問合せフォームからお問合せください。

※スタッフも同時募集中です!!!

お電話、または問合せフォームからお問合せください♪♪♪