いつも スポがくひろば ぱれっと のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

尼崎市大西町で放課後等デイサービス 第1教室『スポがくひろば ぱれっと 尼崎中央教室』を運営しており、このたび、2019年4月に第2教室『スポがくひろば ぱれっと 尼崎武庫之荘教室』を尼崎市武庫之荘東にオープンしました スポがくひろば ぱれっと です!!!

スポがくひろば ぱれっと では、尼崎市・伊丹市在住の「支援学級」や「特別支援学校」等に通学中の小学生・中学生・高校生の方を対象に、生活に根ざした社会性を身につけられるよう、運動(うんどう)・わーく・体験学習(がくしゅう)等を通して、成功体験を積みながら生きる力を育めるよう日々のサポートを行なっています!!!

本日は、スポがくひろば ぱれっと をご利用いただいたお子さまのサポート事例をご紹介します。

Aくんは人とお話しをするとき、自分のことばかり話してしまい、相手のお子さまと言葉のキャッチボールができないところがありました。ご両親や、Aくん自身も「相手のペースに合わせて会話等できるようになりたい」との思いがありましたので、その思いにお応えできるよう スポがくひろば ぱれっと で支援計画を立ててサポート(支援)を行ないました。

☆具体的な支援の内容

①SST(ソーシャルスキル・トレーニング)を通したサポート(支援)

SSTとして、グループワークを行ないました。お友だちの意見と自分の意見を照らし合わせて、グループで発表する機会を設けました。「相手の話しを聞く」という習慣を身に付けることで、普段の活動でもお友だちの言葉を聞くことができるようサポート(支援)を行ないました。

②土曜日や休日を通したサポート(支援)

スポがくひろば ぱれっと では、土曜日や祝日は水族館や、科学館、BBQなど、お子さまが楽しめるイベントを開催しています。お出かけする前などに「今日はどこのエリアで遊びたいか」等をお子さまたちでお話しをする時間を設けました。自分が行きたいエリアの話しばかりするのではなく、お友だちが行きたいエリアの話しも聞いて、お出かけ先でどう過ごすのかを考えなければいけません。これも、「相手の話しを聞く」という習慣を身に付けることを目的にサポート(支援)を行ないました。

☆支援を行った結果

以上のような2つの支援を行なった結果、「相手の話しを聞く」という習慣が身に付き、言葉のキャッチボールができるようになりました。今ではAくんから「~~君はなにをして遊びたい?」と聞くことができるようになり、お友だちと遊ぶことが増えました!!!

Aくんも、ご両親も、Aくんの変化に大変満足されています。

スタッフも、Aくんが成功体験を積むことができ、とても嬉しく思っています。

 

スポがくひろば ぱれっと では、SSTを行なっています。SSTは、教員経験者(教員免許保有者)、精神保健福祉士、社会福祉士、作業療法士(OT)等のスタッフが中心となって、プログラムを作っています。SSTを通して、お子さまが他のお子さまの気持ちに気付くことができたり、こういった場面ではこういった行動をとったほうがお友だちが嫌な気持ちにならないこと学んだりするなど、社会や人の中で生きていくための力をみんなで一緒に学んでいます!!!

 

尼崎市、伊丹市で放課後等デイサービスをお探しの方は、ぜひ『スポがくひろば ぱれっと 尼崎中央教室』にお問い合わせください。

また、尼崎市武庫之荘にオープンした第2教室 『スポがくひろば ぱれっと 尼崎武庫之荘教室』でも、無料相談会・無料体験会を実施しております。ご相談、体験予約等のご連絡等は尼崎武庫之荘教室(06-7710-1276)またはお問合せフォームからお問合せください。

※新規オープンにともなうスタッフも同時募集中です!!!

お電話、または問合せフォームからお問合せください♪♪♪